炎天下の作業でも涼しく感じる空調服の魅力や日本製バッテリーの扱い方について

衣服と体の間に空気の層を作って外気の熱を遮断する空調服は熱中症予防に最適な作業服として注目されています。炎天下の環境でもほとんど発汗しないほどの涼しさを感じることができる空調服は作業員の必須アイテムと言っても過言ではありません。

過酷な環境でも快適に仕事を行うためには用途に最適な一着を選ぶことが重要になります。空調服の選び方や送風機器の管理方法について学びましょう。

(クロダルマが販売するベストタイプの空調服)

気温の影響を受けないのが空調服の特徴

気温が高い環境でも空調服を着れば涼しくなるイメージがありますが、空調服で体を冷やすことはできません。空調服は付属しているファンで外気を取り込み、衣服と体の間に空気の層を形成する作業服です。空気は遮熱性が高いため、外気の熱がほとんど伝わりません。

また、ファンによって生じた空気の流れが肌に程良い刺激を与え、涼しくなったように感じます。結果、非常に気温が高い環境でも汗をかかずに長時間過ごすことも可能になるのです。空調服は空気の層を形成させるため、気密性の高い生地で作られています。

ファンを動かさないと空調服の中で体温が籠り、外気以上に高温になってしまうことも珍しくありません。快適な状態にするならファンを動かして空気の層を作ることが必須条件です。

用途別に空調服を選ぶことが気持ち良く働くための秘訣

ひと口に空調服と言ってもその種類は多彩です。一般的な作業服は用途別に種類が分かれていますが、空調服も同様です。作業場の環境によって求められる性能が異なることを踏まえて空調服を選ぶ必要があります。空調服の選択はバッテリーの性能か空調服のデザインが大きな決め手です。

バッテリーの性能については出力の強さやファンを動かす時間で最適な製品が変わります。空調服のデザインはファッション性よりも作業場の環境に適していることが重要な選択肢になります。直射日光が当たる場所や命綱の取り付けが必須な高所など、空調服を着用して働く現場は多種多様です。

それぞれの環境に最適な作りの一着を選ぶことが快適に働くための条件なので購入の際は慎重に判断します。

日本製のバッテリーは高性能で安全

空調服などの作業服はその多くが中国や東南アジア諸国で作られていますが、ファンを動かす電源であるバッテリーは日本製が好まれています。高額ではあるものの品質が良く、長く使っても劣化しにくいのが特徴です。空調服のファンは長時間動かすことが多いので、バッテリーも耐久性に優れている良質な物を選ぶ必要があります。

安価なバッテリーはすぐに劣化して性能が落ちてしまうので頻繁に買い替える必要があり、結果的に出費が嵩んでしまいます。また、漏電による火傷のおそれもあり、危険です。日本製のバッテリーは丈夫で長持ちするので買い替えの回数も少なく、長期的に見ればお得です。

漏電などのトラブルもほとんど起きないので安心して使うことができます。市販されている日本製のバッテリーは通常の使い方なら約6時間から8時間程度の連続使用ができるようになっているので、作業中にバッテリー切れになる心配はほぼありません。

予備のバッテリーを用意しておけば充電しながら毎日使い続けることも可能です。複数用意しておけば充電の回数も少なくなり、さらにバッテリーが長持ちします。

空調服を購入する際の注意点

気温が高くなる環境での作業に不可欠な空調服ですが、購入の際はサイズ選びに注意しなければいけません。空調服は衣服と体の間に空気の層を作ることで高い遮熱性を持つようになります。そのため、自分の体形よりも大きなサイズを選ぶことが重要です。

その一方で大きすぎると体を動かす際に余った生地が引っかかることがあります。体の動きを阻害せず、遮熱性を保つ程度の空気の層を形成できるサイズを選ぶのが快適に働くためのコツです。空調服は稀に表記されているサイズと実寸が異なる製品もあるので、最適な一着を選ぶなら試着が欠かせません。

試着ができない通販の場合は実際に購入した人の口コミを確認したうえで購入の可否を判断します。

汚れた空調服を洗う方法と送風機器の衛生管理

空調服が汚れた場合、家庭用の洗濯機で洗うことができます。ファンなどの送風機器はすべて取り外す必要がありますが、それ以外は他の衣類と扱い方は同じです。空調服は高い気密性を保つため、縫い目が細かい化学繊維の生地で作られている物が多数を占めます。

製品によっては高温で乾燥させると縮んでしまうことがあるので乾燥機の使用は避けるのが賢明です。洗濯後は十分に脱水したうえでシワができないように形を整えて陰干しするのが綺麗に乾かす工夫になります。ファンを取り付ける部分に折り目を付けてしまうとすき間が生じてしまい、空気が漏れるおそれがあるのでその点は注意しなければいけません。

折り目が付いた場合はアイロンをかけることで綺麗に消すことができます。ファンなどの送風機器に付着した汚れは柔らかい布で拭き取ります。製品によっては水洗いができる物もありますが、水没させると故障するので軽く濡らす程度に留めます。

配線やバッテリーの汚れも同様に拭き取ることができますが、端子部分を濡らすと錆が生じる可能性があるので慎重な作業が不可欠です。汚れがひどいと完全に拭き取るのは難しく、ファンのすき間に入り込んだ汚れが不具合を引き起こすこともあります。

空調服の遮熱性が低下する原因にもなるので、新品のファンと交換するのが賢明です。空調機用のファンは単体で購入できますが、メーカーによってサイズや出力が異なります。性能を保つには同じメーカーで統一させるのが無難な選択です。

空調服のバッテリーを長期間使わない場合の保管方法

空調服を長期間着用しない場合、送風機器をすべて取り外してから別々に保管します。送風機器を取り付けたまま保管すると生地に折り目が生じたり、折り畳んだ配線が切れるおそれがあるためです。空調服は一般的な衣服のように普通に折り畳んで収納することができます。

送風機器は直射日光や湿気の影響を受けない、乾燥した暗所に保管するのが正しい方法です。バッテリーは過充電や完全放電の状態になると性能が著しく低下するので、約5割ほど充電しておくのがトラブルを防ぐための工夫になります。

(空調服の上手な扱い方や保管の方法について)

高性能な日本製バッテリーのメリットを活かすのが空調服を着こなす秘訣

空調服の良し悪しはバッテリーの性能で決まると言っても過言ではありません。高性能で長持ちする日本製のバッテリーは長時間の使用にも対応しているので、仕事時間中はファンを動かし続けることができます。快適に働くなら日本製のバッテリーを上手に使いこなし、空調服のサイズにも気を配るのが重要なポイントと言えます。

詳細《扇風機付き作業着 … ユニフォームタウン》https://www.l-m.co.jp/kucho-fuku/